本文へ移動

先端技術(UAV・3D)

先端技術(UAV・3D)

1. UAV測量

UAV測量とは、GPS情報で自動航行するUAVUnmanned Aerial Vehicle:無人航空を使った空撮測量です。
UAVに搭載したデジタルカメラで撮影した画像データをもとに、3次元立体形状データを構築します。地上からでは把握できない現場の全貌や立ち入り困難な場所でも空撮ならスピーディな状況把握が可能です。
 
UAV測量
UAV測量

UAV測量 施工フロー

現地踏査
現地踏査

対象となる現地全体の地形及び形状を把握し、人口密集区域や飛行禁止区域を確認します。
 
矢印
フライトプラン作成
フライトプラン作成

自動航行をするための設定を専用のソフトを用いて作成します。定められた写真重複度や地上での画素寸法を満足するように写真撮影の設定をします。
 
矢印
対空標識設置・観測
対空標識設置・観測

現地の地形及び規格などを考慮して、最適な位置に対空標識を設置し、TSまたはGNSSローバー(VRS)を用いて対空標識の位置座標を観測します。
 
矢印
UAV写真撮影
UAV写真撮影

UAV操縦者とモニター監視員の2名で撮影をします。
あらかじめ作成したフライトプランとおりに自動航行しているかを確認しながら撮影します。
 
矢印
写真解析処理

写真解析処理
写真解析処理

3D回転動画

2. 3Dレーザースキャナ

3次元レーザースキャナは、計測対象にレーザーを放射状に照射することで、表面形状の3次元座標を取得することができる計測機器です。
毎秒数万点以上の速度(機種によって異なります)により、立入禁止区域や危険箇所においても非接触にて計測が可能であり、高密度な点群データが得られます。
計測より求められた高密度な点群データより、さまざまなデータの利活用が可能です。
計測状況
<計測状況>
解析完了
<解析完了>
株式会社東海エンジニアリング
〒491-0838
愛知県一宮市猿海道2丁目8番15
TEL.0586-64-9271
FAX.0586-64-9272
・測量設計
・派遣事業
・土木設計
・施工管理
・3D設計解析業務
 
 
TOPへ戻る